無料ブログはココログ

2013年4月19日 (金)

厄介な自己投資

 以前NHK「朝イチ」で、横山光昭氏の「家計簿の費目を消費・浪費・投資の三つに大雑把にわける」という特集をやっていました。
 この狙いは「自分の支出に目を向けさせ、考えさせる」ことにあり、読者のターゲットが、家計簿をつけるのが苦手な方であるため、大雑把に費目を分けています。
 しかし、判ってはいても、投資と浪費、なかなか振り分けの判断が難しい。まあ、これ自体が狙いでしょうが。

 番組内では、浪費と投資を分ける例として、同じコーヒースタンドのコーヒーも「いいリフレッシュになったから投資」、別の日は「付き合いでダラダラとしただけだから浪費」と分けていました。
 同じモノに支出しても、自分の気分次第で、投資にも浪費にもなってしまうのです。支出の度に自分の価値観を考えると言う点では非常に有意義です。
 ファイナンシャルプランニングにおいて最も重要な、ライフデザイン(生き方・価値観)の発見にもつながります。
 ただ、「投資とは何か」の判断基準をはっきりさせておかなければ、浪費を投資と言い聞かせて、一向に浪費癖が治りません。

 例えば読書。自己啓発本を読むとやる気がみなぎり、「いい投資をした」と思います。しかし何も行動が変わっていない。そしてしばらくするとまた、新たな自己啓発本を読んで、その瞬間だけやる気になる。
 でもそれは、映画や漫画やスポーツを見て「感動した!燃えてきた!」と言うのとあまり変わらない。そしてそれは娯楽であって決して自己投資とは思わない。
 なのに自己啓発本は投資、漫画は浪費では違和感があります。結局、それをすることによって何がもたらされるかが重要なのです。

 株や債券などいわゆる投資を行う際には、漠然としていても必ず見返り(リターン)を期待します。ですが投資の頭に自己がついた途端、リターンがあいまいになってしまいます。
 ビートたけしさん曰く「他人から見たら暇そうでも、自分にとっては目的があってテレビを見ていたりしている。だから暇な時間はない」そうです。
 ですから、浪費と投資を分ける際は「明確な目的(リターン)があるかどうか」で判断してください。でないと投資の皮をかぶった浪費で回りがいっぱいになってしまいます。それにつけても私の書棚には何と自己啓発本の多いことか!

 

2013年3月 8日 (金)

ライフプランの重要性

 湊かなえさん原作のTBSドラマ「夜行観覧車」にはまっています。ミステリーとしても面白いのですが、FPとして、遠藤家とひばりヶ丘婦人会の小島さんに非常に興味があります。
 遠藤一家は、分不相応ながら念願かなって高級住宅地ひばりヶ丘に越してくるが、婦人会会長の小島さんに「この町にふさわしくない」と数々の嫌がらせを受ける。また、高級住宅地だけに、住民の息子が結婚するというだけで会ったこともない人にご祝儀として10万円支払わされたり、フリーマーケットに出すものがブランド品だったりと、高級住宅地の見栄の部分をデフォルメして描いています。

 「極端な例は問題点を浮き彫りにする」のごとく、FPとして改めて「家を購入するということはその地域に定住するということ」を思い知らされました。ドラマのような極端な地域のしきたりは無いにしても、その地域に住んでいるがために選択しなければならない事もある。
 例えば、近所の子供たちの習い事。まわりが同じ習い事をしていると子供は真似をしたがります。住宅購入だけを考えて無理なローンを組んでしまうと、自分の子供が習い事をしたくても、経済的理由であきらめさせなければなりません。それはつらいことです。

 一方で、高級住宅地は地名ブランドとは別に、立地上の価値としての価格もあります。例えば都心。都心は鉄道やバスの路線や本数が発達しているため、自動車を所有する必要がないうえに、レンタカーも借りやすくなっています。
 自動車は自動車本体の費用の他に、車検ごとにかかる整備費用や税金、毎年の税金や保険代、タイヤなどの消耗品やガソリン代がかかります。
 つまり、交通の便利な地域は、自動車を保有する総コスト分地価が高くても当然で、月に1・2回程度ドライブをするだけなら、レンタカーで十分なので、マイカーを所有する代わりに、通勤時間が長くなる地域に住む必要がないのです。

 ドラマでは当初、幸せを夢見て越してきたのに、妻は近所付き合いのストレスを抱え、旦那はローン返済のプレッシャー、子供は必ずしも越してきた事だけが原因ではないが、心を閉ざし、家庭暴力をふるうようになってしまいました。
 高級住宅地に住むことは、温かい家庭を築くという目的に対する、手段とはならなかったのです。

 ついつい投資信託や保険、住宅ローンなど、金融商品の選択に力が入ってしまいますが、ファイナンシャルプランとはあくまで手段であって、本当に大切なのはライフプラン(ライフデザイン)です。是非ご家族で、目的や価値観を共有してください。
 家計について費目の予算を家族と話し合うのは効果的です。そうすれば家族が何を最優先に考えているのかがわかります。

 

2012年6月22日 (金)

毎日チェック?

 何の番組か忘れましたが、モデルさんは毎日体重計に乗るとの事。その理由は「体重を1kgコントロールするのは難しいが、100gならコントロールできるから」だそうです。
 確かに体重を1kg落とすには、継続してやる気と根気が必要になりますが、100gであれば少し運動量を増やしたり食事の量を減らしたりと、少し気にかけるだけで、精神的負担も少なくコントロールできます。

 家計もこれと一緒で、私の場合、1ヶ月の家計予算を10日に分けて管理しています。
 具体的には、例えば昼食代を1日1,000円として1ヶ月で3万円とします。これは1ヶ月が31日であっても3万円にします。
 そして財布の中には3万円を入れるのではなく、1万円入れておきます。そして10日ごとに決算します。1日の予算は1,000円ですが、付き合いや衝動買いで毎日が予算以内で収まるとは限りません。
 ですので付き合いがあって、1日の予算がオーバーしそうな日が判っている場合、あらかじめ数日前から1日1,000円ではなく800円や900円と支出を抑えて、その日にそなえます。
 衝動買いをした場合、逆に10日・20日・月末までに衝動買い分の辻褄を合わせます。

 要は、ダイエットも家計簿も、自分の現状を認識し、このままならどうなるのかを予測し、対策を講じることが大事です。
 しかし、家計はコントロールできても自分の体重のコントロールの難しいこと。自分のやる気がうせない内に、早めに対策を講じないと。
 体重計が壊れて以来、病院で月に1度体重計に乗るだけの私でしたが、ようやく体重計を購入し、先々週から毎日体重を量っています。

 毎日チェックし早めに対策を講じるのは、体重や支出を減らすのには有効な手段ですが、401Kや積立投信のように増やす事を目的とした場合、あまり早めにリバランスしてしまうと、太らせる時間が無くなるのでご注意を。

2012年4月21日 (土)

新社会人の皆様へ 2 (貯蓄の効用)

 会社や個人事業には運転資金が必要となります。運転資金とは、いずれは回収するとしても一旦は自腹を切らなければならない出費のための資金の事です。この資金が潤沢であれば、経済活動を行う上で、資金繰りに余裕があり、より自由に活動できます。
 逆にこの運転資金が少ないと、収入をすぐに支払に回さなければならない「自転車操業」という状態にまります。

 家計もこれと同じで貯金がないと、何かをきっかけに借金をし(カードの分割払いも借金です)、この借金が家計を圧迫し、やがては収入に占める返済額の割合が増え、貯蓄や自由になるお金が先細りしていきます。

 実際には貯金があると、1.余計な借金をしなくなる。2.保険の加入が必要なくなる。3.長期投資が可能になる。という効用があります。

 余計な借金をしなくなるとは、たとえば自動車をローンで購入した場合、ローンの返済プラス、次回の自動車購入資金を貯金しなければ、次の乗り換え時に再びローンを組まなければならなくなります。
 これではいつまでたってもローン会社への利息返済分と、その返済分を運用した場合の金利分だけ常に、ローンを組まない人に比べ資産形成で不利になります。
 貯蓄をすればやがてはローンを組まなくなり無駄な借金もしなくなります。ですからローンを組まなければならない場合も、返済できるかだけでなく、ローンを支払って尚、貯蓄できるかを考えなければなりません。

 保険の加入が必要なくなるとは、十分なお金があれば、本来の意味での保険に入る必要がないということです。
 本来の意味での保険とは、リスク管理管理の手法の一つで、リスク管理には自己負担、転嫁、減少(分散・集中・補強・持たない)などがあります。
 たとえば何かの事故が起こった場合、全額自腹で対応するのが自己負担で、事故に合わないようにするのが減少です。そして、転嫁が保険で、本来自分が自己負担しなければならないものを、代わりに保険会社に支払ってもらうということです。
 保険会社は慈善事業ではないので、当然肩代わりするための報酬を要求します。ですから、事故が起こるまでに時間の余裕ががあり、そしてその損失を賄えるだけの貯金を、その期間に出来るのであれば、保険に加入する必要はなく、保険会社の手数料分貯金ができます。

 長期投資が可能になるとは、たとえ本人が長期投資を目的に運用を開始したとしても、急にお金が必要になったとき、貯金がなければやむなく投資を打ち切り、必要な費用を現金化しなければなりません。
 その時、投資したお金が増えていればいいのですが、減っている可能性もあるのです。つまり貯蓄は投資資金を有利な時期に現金化するための保険となるのです。
 これはある目的のための投資も同じで、たとえば大学の教育資金の為に投資をしたとして、果たしてその投資は現金化が必要な時に儲かっているでしょうか?損をしていた場合なかなか引き出すことができません。
 投資は時価取引のため、有利なタイミングで現金化するためには、貯金という余裕が必要なのです。私は投資するなら年収分貯まるまでは、投資額と同額を貯金する必要があると思います。

 より資産を有利に増やすために、まずは貯金から始めましょう。

 次回からは具体的な金融商品についてお話します。まずは保険についてから始めます。

 

 

2012年4月 6日 (金)

新社会人の皆様へ 1 (まずは貯金しよう)

 会社に新入社員が配属されると、FPとして必ず思い出す事があります。それは保険会社の職域営業です。かつて私がいた会社の保険営業の方は、コンプライアンスのかけらもない方で、同期入社の友人はいつの間にか契約させられていました。
 裁判沙汰にならなかったのが不思議なくらいで、私は意地でもその方からは保険に入らないと心に誓いました。

 それでも新社会人となり、給与という形で毎月定期収入があると、「社会人なんだし、やっぱり保険ぐらいは入っておかなければ」と今にして思えば分不相応な保険金額で、もちろん違う保険会社で契約をかわしました。
 社会人としての見栄や義務・慣習などがそうさせたのか、その当時は何なのかわからない感情が保険契約させたのですが、結局はただの無知が過剰な保険に加入させたのだとFPになって気づきました。

 新入社員の皆様にはこれから、多くの金融商品の営業が訪れることでしょう。そして金融商品の多くは、実はよくわからない商品であると思います。
 ですが金融商品も他の目に見える商品と一緒で、それぞれその商品の対象となる顧客があり、それぞれの商品に一長一短があります。

 ですからあわてて契約を結ばずに、1年間はひたすら貯金をしてください。1年間金融商品を契約しないからと言って、何の問題もありません。
 むしろ1年間ひたすら貯金することで、会社が資本金を増強するように、あなたの家計の基盤は強くなります。
 そして、1年の間に勧められた金融商品について学べば、あなたの金融知識という資産も増えます。

 どうしても金融商品を買わなければならない方は、営業の方に納得いくまで商品の説明を受けてから契約しましょう。
 自分が販売している商品がどんな商品か、理解しないで販売している営業はかなりいます。本当に理解している方は、素人にもわかるように説明してくれるはずです。

 ≪ 次回 貯蓄の効用につづく ≫

2012年3月 9日 (金)

家計に自己投資の余裕を

 先日、日本FP協会長野支部のミニフォーラムのお手伝いをさせていただきました。テーマは「知って得する年金セミナー」だったのですが、参加者のアンケートによると、一番心に残ったキーワードは「人的資産」であると云う。

 「人的資産」とは、健康・労働力・人脈(人的ネットワーク)の事で、退職後の生活について、お金以外に準備することの必要性をほんの5分程度セミナー講師が紹介しました。しかし、あくまでメインは年金(お金)の話だったので、このアンケート結果は少し意外でした。

 昨年末、ある会合で東京へ行ったとき、宮城のFPとお話しする機会がありました。その方が言うには「震災後、貯蓄・蓄財に対する価値観が全く変わってしまった。」そうで、どう価値観が変わったのか、それ以上詳しくお聞きすることはできなかった。おそらくは「人的資産」の重要性を伝えたかったのでしょう。

 最近ワイドショーを賑わせている洗脳事件も、彼女はあれだけの資産を失っても、仕事に復帰さえすれば、すぐに失った資産を取り戻せるだろう。何かの本で読んだ、「お金や物は盗まれたり失うことがあるけれど、その人が身に着けた技術や思考・発想は盗まれない」という内容を思い出させる事件である。

 前回3回にわたって綴った「家計について」の結論として、自己投資をお勧めする。家計の範囲で生活するために、予算を振り分け、将来の出費に備える貯蓄をするだけでは一向に生活レベルは変わらない。ただ平行線を辿るだけだ。しかしほんの僅かでも自己投資や、資産への投資をすれば、平行線から少しずつでも上昇した線となる。

 ワタミグループの渡邊美樹さんは「10万円あったらまず本を買って自分に投資する。」とおっしゃっていた。10万円あれば100冊本が買え、100人の偉人の知恵が学べるそうだ。10万円とはいかないまでも、毎月1冊でも本を購入し、人的資産の向上に努めてみてはいかがだろうか?たとえ僅かでもでも平行線の角度がずれれば、時間(長さ)が多いほど、2本の線は大きく乖離する。このほんのわずかな投資の差が、時間を味方につけて、同期入社の同僚との大きな差となるのだ。

2012年2月24日 (金)

年収と生活の快適さが比例しない理由(3)

 東野圭吾さんの「怪笑小説(集英社文庫)」の中に「あるジーサンに線香を」という作品があり、そのあとがきに「97歳になる祖母の葬儀は、実にさっぱりとしたいい式であった。」とある。これは東野さんの父たちが何年も前から葬儀の金を準備し、葬儀屋に見積りまで出させていたからだそうで、お金の準備をしているうちに心の準備も出来ていたのでしょう。

 年末に、わが愛車のミッションが壊れ、走行中にギアが空転するというトラブルにあいました。そもそもオートマ車で、普通に走行し、改造など全くしていないのに、製品の主要部分が10年持たない事に疑問があったのと、突然の高額出費に腹が立つやら納得いかないやらで軽いパニックになってしまいました。

 先の東野さんの例では親族との別れ、私の例では、たかだか物が壊れただけの、ショック度と支出額でははるかに大きい葬儀の方が、準備している、していないの違いで、その受け止め方が大きく違ってきます。

 我々が生きていく中で、時期は決まっていないが必ず起こるイベント、次期も決まっているイベント、起こるかどうかわからないイベントがあります。これを予定として計画することをライフデザイン(生き方を考える)といいます。そして各ライフイベントを予算として落とし込み、その支出に対しどう備えるかをファイナンシャルプランニングといいます。

 家計の範囲内で生活しても、将来の支出に備えた貯蓄が無ければ、その家計はいつか破綻します。企業でも、損益計算書の利益の中から、各種引当金として支出に備えています。

 つまり、個人の家計であっても企業のように、損益計算書(家計簿)・貸借対照表(資産管理表、目的別貯蓄額一覧表)・事業計画(ライフプラン・ライフデザイン)が必要です。

 住宅ローンを組むために、他のローンを精算して審査を通す人がいます。その人が住宅ローン契約の終了後「いつからまた他のローンを組めますか?」と衝撃的なことを聞いてきました。この方は残念ながら近いうちにローン破綻するだろうと直感しました。もしそれが自動車や教育ローンで、絶対に必要なローンであるなら、必要なローンを無理に精算せずに、住宅取得価格を下げて、月々の返済額を下げるべきである。それで審査が通らないならそもそもその家は買うべきではありません。

 皆さんも生活環境が変わるときには、自分はどうしたいのか?何かを犠牲にしてまで欲しいのか?そうすることで将来どうなるのか?を考えるきっかけにしていただければと思います。

2012年2月10日 (金)

年収と生活の快適さが比例しない理由(2)

 生活習慣とは恐ろしい物で、知らず知らずの内に10Kg以上太ってしまった。内科医に痩せるように指導され、通院している期間中にもかかわらずだ。

 個人的には特に食事の量が多いわけでなく、他人と比較してもむしろ少ないほうだと思うのだが、太っていくことが不思議で「食べないのに太る病気があって、その病気にかかったのかも?」と思ったくらいだ。

 私と同世代の男性が1日に消費する〈基礎代謝)カロリーは、運動量によるが大体2100~2500キロカロリーだそうだ。つまり1食につき700~800キロカロリーの摂取であれば問題ないということだ。

 そこで食事の際の摂取カロリーに注意すると揚げ物などの脂質と糖分が断然カロリーが高く、私の好きなつぶ餡&マーガリンの菓子パンは最悪の組み合わせのようだ。男性で1食に菓子パン2個は少ないと思うが、摂取カロリーは1000キロカロリー近くになり、200キロカロリーもオーバーしてしまう。

 消費カロリーと摂取カロリーの差がプラスであれば太っていき、マイナスなら痩せていくので、1食で200、1日600キロカロリーもオーバーしていると、体重1Kg増やす為に必要な7200キロカロリーに12日で到達してしまう。

 厳密には、私は1年で10Kg増量したので、1日200キロカロリー、1食66キロカロリーずつプラスが積み重なった結果である。これは1食につき1個のから揚げを我慢するか、20分程度のウォーキングでカロリーを消費すればプラマイがゼロになり、増量をふせげたはずである。

 このわずかな事が「なぜか太ってしまう」原因であり、あまり意識しない生活習慣なため私自身が気付かなかった「食べないのに太る病気」の正体である。

 家計簿をつけている人とそうでない人の間に、NTTコミュニケーションズの調べでは71万円、女性セブンでは150万円、平均貯蓄額の差があるそうだ。

 特に支出面での管理が重要で、レコーディングダイエットのように、記録することで脳が支出を支出として認識するので結果として支出が減るそうである。

 支出を把握する事で、自分の価値観が解るし、「どの支出にいくらまで」と予算付けすることが出来る。予算が組めればあとは、予算内に納める工夫を凝らせば良いし、予算の振り分けを見直すことも出来る。

 要はダイエットと同じで、予算内で納めるか納めないかの僅かな差が、やがて70万~150万円と言う大きな貯蓄額の差となるのだ。

 ちなみに私はカロリーを気にするようになってから、なるべくカロリーの低い物を食べるか、食事の際に、例えばたかが唐揚げ1個減らす、TVをみながら腹筋してみるなど、ダイエットとは呼べないような事をしています。その、ほんの少しの注意する意識によって、3ヶ月で4Kg体重が減りました。

 家計簿をつけて支出をコントロールし、貯蓄を増やしていくのは勿論の事ですが、その為には目標が必要です。その為には支出を予測することが重要です。

(次回に続く)

2012年1月31日 (火)

年収と生活の快適さが比例しない理由(1)

 先日、新聞に「金融機関のローン審査に合格して手に入れたはずのマイホーム・・・。なぜ返済が苦しくて手放さなければならない事になるのか?」と言う住宅セミナーの勧誘広告が掲載されていました。

これは、ローン審査が借りられる額を提示しているに過ぎず、返せる額を提示している訳ではないと言う事です。

 借りられる額とは「ローン返済を最優先した場合に何とか返していけるであろうと言う額」で,返せる額とは自分の価値観を家計に反映した場合、「毎月いくらまでならローン返済に充てることが出来るか」と言う額です。

 価値観を家計に反映させるとは、例えば全く同じ年収で、家族構成が同じであっても、「旅行に年何回は行きたい」という回数や、外食する回数など、各家庭で価値観(支出項目と額)が違う為、毎月手元に残る額(ローンに充てられる額)は違ってきます。

 「夢のマイホームのためなら」と節約を誓っても、何十年も我慢は続かないし、行動経済学では、価値観や生活習慣のレベルを下げるのは難しいそうです。そしてだんだん我慢が出来なくなり次第に支出が増えていくのです。

 ですからローン破綻を防ぐ為には、借りられる額ギリギリまで借りるのではなく、いくらまでならローンに充てられるかを考えて、返せる額で借りることです。

 将来増える教育費の為の貯蓄や、消耗品の買い替え費用、固定資産税や火災保険などマイホーム取得に付随する費用を、家計内に予算として組み込むことはもちろんの事、何より自分たちの価値観をしっかり把握する事が大切です。

 そのためには、家計簿をつけることによって、自分たちは何にいくらならお金を払ってもいいのかをハッキリさせる事です。

〈次回に続く〉

 

2009年8月31日 (月)

配偶者控除

昨日の選挙で民主党が大勝し、政権交代が現実となりました。ここで一度、民主党のホームページを確認した方が良いでしょう。

なぜなら子育て支援が充実する一方で、配偶者控除が廃止になるからです。これは子供のいる世帯は支援し、子供のいない世帯は負担すると言う「国民全体で子供を育てる」と言う政策の一環だそうです。

上記は一例で、税制や助成・補助金の対象が変わるので民主党のホームページで確認することをお薦めします。

選挙前日にFP仲間との飲み会で政権交代が起こったら今制度を利用した方がいい物と、来年度を待った方が良い物などの話で盛り上がりました。

実際、配偶者控除の廃止は子供のいない世帯には負担増になりますので、住宅ローンの返済見直しなど、ライフプランに大きく影響します。

ホームページには出ていませんでしたが菅代表代行がTVで「株式の譲渡税率を引き上げる」と発言したらしいので、今後も政策を注視して、【何がどう変わり、どう影響するのか】をつど確認しましょう。幕末のように変化に対応するためには情報収集は不可欠です。

だからTVも、のりPネタはうんざりなのでもっと重要な報道をして下さい。