無料ブログはココログ

2013年5月23日 (木)

長期金利の動向は重要 

 4月の大規模金融緩和策発表後、新発10年国債の利回りが急上昇している。これに対し黒田日銀総裁は「今の時点で大きな影響を及ぼすとは見ていない」と発言している。どうやらあまり重く受け止めていないようだが、本当に軽視して大丈夫であろうか?

 利付債券は額面に対し固定の金利が付いているため、買い手が減って売れなくなると、価格が下がる。これは普通の商品が売れなくなると値下げし、逆に売れすぎるとプレミアがつくのと一緒である。
 逆に金利は分母が小さくなるため、債券価格が下がると、金利は上昇する。例えば、額面100円で金利が1%の債券があったとして、この債券の利息は年間1円である。買値が100円で、償還価格もも100円のため利回りは1%のままである。債券価格が90円まで下がった時、年間利息1円と償還価格100円から買った値段90円を引くと10円の儲けになる。この10円を所有期間10年で割ると1年当たり1円の利益になり、利息と合わせて2円の儲けになる。分子は2円で分母は買値の90円だから利息1円の10年国債を90円で買うと2円÷90円で2.22%となる。

 生命保険会社は今年度の資産運用計画で、「金利が低すぎるから国債はあまり買わずに、外国債をもっと買う」と言う方針だそうです。つまり日銀が金利を下げるために、国債を大量購入したため金利が下がり、低すぎる金利に他の人が買わなくなってしまったのだ。
 その結果、日銀の異次元緩和を発表した翌日に金利は最低の水準まで下がり、そのご日銀以外が市場から離れ、およそ1ヶ月半で0.5%も金利が上昇したのだ。

 また、生命保険会社の国債離れには、価格の乱高下を挙げている会社もある。これは、日銀が大量に国債を購入したため、市場で売買される国債の数が減ったためである。
 例えば、品薄な商品は買い手が少し増えると価格が一気に吊り上り、高すぎると一気に買い手がいなくなって値が下がるのと一緒です。

 アベノミックスはインフレターゲットを設定しています。たとえば物価上昇率年2%だとすると、今100円のものが1年後には102円になってしまいます。すると我々はお金を100円預けて、1年後に102円以下になってしまったら損をすることになります。
 つまり、我々が国債投資に求めるのは最低限物価上昇率以上の利回りです。株価や円安の進み具合が早いため、比較すると債券金利に魅力がなくなっているのも事実です。
 しかし、わたしは、高い物価上昇目標を掲げた一方で、金利は低いままを維持しようとするのは、長期的に維持するのは無理があると思う。「失敗して景気は良くならずに国の借金だけが増えました」では困ります。ですから、金利動向はもっと重く考えてほしいものです。
 

2009年3月 6日 (金)

定額給付金の効果は?

定額給付金の実施が決まった。給付金を消費に使っても、その分本来の家計からの支出が控えられれば効果は無い。これは現金でも、限定商品券でも変わらない。

あるデパートでは、付加価値をつけて(額面よりも低い価格で)商品券を販売するようだが、その分客単価、粗利益が下がり、割引分以上販売数を増やすか、値入の良い商品を買ってもらわなければ、意味がない。(買い手にとっては意味がある。)

私の購読している新聞は、毎日曜日に求職情報誌が折り込まれているが、最近紙面が半分以下に落ちた。このように、失業不安が広がっている今、給付金を貰っても、実質貯蓄にまわると思う。

2兆円の予算で、埼玉県ほども在る休耕田を作農する人材を国が雇用し、小麦や大豆など作った方が、食品価格の安定と、雇用の創造で、長期的な経済対策になると思うのだが・・・・・。

FPとしては、その方の状況によりますが、一般論として、今は普通預金の額を増やして下さいとアドバイスしたい。

2008年9月30日 (火)

米議会に失望

リーマン、AIGショックに揺れた今月の金融市場。アメリカ下院議会にとどめを刺されました。今後金融市場へのアメリカ政府の介入が遅れるとどうなってしまうのか?

株価低迷、債券低迷により、企業破綻。債券運用中心の保険会社の破綻危機。金融市場低迷で、年金関係も資産価値を大きく下げるであろう。連鎖的な破綻により株式の暴落スパイラルが起こるかもしれない。

また、世界の商品市場は、世界の債券・株式市場の10~20%の規模でしかないので、債券・株式市場の10~20%の資金が商品市場に逃げていくと、商品市場は価格が2倍に跳ね上がってしまう。

そんなこんなでインド・中国の消費の5倍近くある、アメリカ市場の消費の冷え込みに拍車がかかると、さらに金融市場は低迷するであろう。

アメリカ議会は、世界のために是非、再可決して頂きたい。

2008年6月30日 (月)

原油バブルなのか?

2007年6月末から2008年6月末までの1年間でWTI原油価格は約68ドルから約140ドルへと2倍以上上昇した。これは原油バブルなのか?商品価格決定要因として、需給バランスと調達コスト、そしてお金の価値がある。この3点から検証してみたい。

供給が変わらないとして(むしろ増えているのでは?)この1年で需要は2倍に増えたか?答えは・・・いいえ。調達コストは?原油は年々より難しい場所を掘らなければならないので調達コストは上がっているが多分数%の範囲なので答えは・・・一応いいえ。ではドルの価値は下がっているのか?

通貨価値の基準を金の価格に求めることに異論はないと思うが、金終値中心限月価格は2007年6月末の約655ドルから1年で約931ドルと1.4倍になっている。ということはドルの価値は1年で70%まで下がったことになる(30%下落)。

原油の2倍から金の1.4倍を引いた0.6倍が投機マネーによるバブルと推測される。問題なのはいつバブルがはじけるか?なのだが、厄介なことに原油は製品原料や輸送、暖房に不可欠なので、高いから買わなくていいと言う訳にはいかない。だから原油が安定的に値を下げるには間時間がかかりそうだ。

節約にも限界があるというのに。原油高騰を乗り切るには、根本的なライフプランの見直しが必要な時期が来ている。

2007年3月 5日 (月)

世界同時株安

世界同時株安のニュースが連日TVを飾り、金利引き上げが原因の一つにされている。

しかし、私は日本の株式市場の下落は、前日の「アメリカの経済指標が予想を下回り、アメリカの市場が下落した」と言うニュースで、東京市場の下落と、円高が予想できた。

その後中国市場の下落が引き金と報道されたが、翌日中国とアメリカは値を戻しているにもかかわらず、東京市場は戻らなかった。グリンスパン議長の「アメリカ市場は安泰」との発言を聞き、中国市場が原因と考えなかった人たちはその発言を疑ったからであると思う。(だからアメリカは一時的に値を戻した)

前々からアメリカ経済の成長はいつ後退するか懸念されていたし、日本の金利引き上げに関しては、前月の据え置きでユーロ圏は批難もしていた。しかも金利引き上げ発表直後に株価が下落したわけではないのに、原因の後付みたいでニュースって面白い。

2006年11月17日 (金)

シンジラレナ~イ!

景気拡大が戦後最長になったようだが実感がわかない。TVによると実感がわかない理由として、1・成長が非常に緩やかに伸びているため、2・年収2,000万円以上の方が増える一方で、年収400万円以下の人も増えているので大多数は収入が減っているため。の2点だそうです。

仕事柄、中小企業経営者・個人事業主の方とお話しする機会が多いのですがその中で「ブランド力のある企業は海外生産で生産コストを下げ、売り上げは減っても利益が出るが、下請けと言われる企業は労働賃金の安い海外の労働力に対抗するため、薄利多売で仕事をこなしている。」とよく言われる。

今後言える事は、労働賃金は世界各国の差は縮まり、(BRIC'SだけでなくNext11などとの受注競争)かつてのアメリカの生産部門が日本に奪われたように日本の労働賃金は低くなる一方で、国際ブランド(販売)力・技術力・の有る会社、石油・レアメタル・版権など資産を持つ会社、成長産業、ニッチ産業、の社員もしくはそれらの会社に投資している人は収入を確保できるであろう。

私自身そういった観点で投資対象になる会社を探しています。もちろん割安になった時点でですが。ある会社はせめて中国、ニュージーランドに販売できる体制があればとても有望なのだが。割安で買えたら株主として、社長にそのような手紙を出そうと思います。

2006年7月18日 (火)

ブログはじめました。

FPとして日々の経済ニュースに一考察を綴っていきます。

今日の株式市場はどうであろうか?今週中に某社の株価は自身の理論株価(お買い得価格)まで下がるかなあ?

先月市場が下がったときは理論株価まで下がらなかったので今日の市場の結果如何で買い注文を出そう。

明日はCFP試験の合格発表。予想得点が日々下がっていき、今は合格点に微妙なところまで落ちています。毎回難易度が上がって行ってる気がするのは僕だけでしょうか?