無料ブログはココログ

« 新社会人の皆様へ 2 (貯蓄の効用) | トップページ | 毎日チェック? »

2012年5月18日 (金)

保険は□、貯金は△

 保険は□、貯金は△。これは保険の特性をよく表した言葉です。
 例えば、自分が死亡した時に、葬儀代として200万円ほど必要だとして、毎月2万円ずつ貯金すると100か月(8年4か月)かかります。徐々に積み上がって行くので図にすると、直角三角形になります。
 一方、保険は加入したその日から、先の例でいうと200万円の保障が得られますので、図にすると長方形になります。
 つまり保険は「貯金が目標額に達するまでの時間を買う」という事と一緒です。

 定期保険と終身保険を比べた場合、定期保険の方が保険料は安くなります。これは終身保険が仕組み上、貯金と保険の2つを兼ね備えているからです。ただし、終身保険の貯蓄部分を引き出そうとすると、保険部分は解約という事になり、保障を残すことはできません。
 ですから終身保険と定期保険の保険料の差額分は貯金し、保障は定期保険で賄えば、保障も残せて貯蓄もいつでも自由に引き出せます。

 保険の加入を考えるとき、必要額と必要な期間をまず考えますが、そのほかに貯金でためる時間的余裕があるかどうかも考えます。
 これは「そもそも保険が必要かどうか、貯金で賄えないか?」を考えるという事です。

 よく、「お金が無いから保険に入らない」という人がいますが、本当はお金が無いから入るのが定期預保険です。そして、お金はあるけど貯められない人が入るのが終身保険です。保険と貯金の特性を活かし、より良い組み合わせで保険の加入をお考えください。
 

« 新社会人の皆様へ 2 (貯蓄の効用) | トップページ | 毎日チェック? »